GRAND SLAMの「身体定理」を実践してみた

10数年ぶりにマンガ買いましたDSC_3399

GLAND SLAM 第4巻

 

買った理由は、普通とはちょっと違います。

 

 

身体定理」というやつを知りたかったから

 

 

それだけです。

だから、1~3巻すっ飛ばして4巻を買いましたw

(立ち読みしているときに「第4巻参照」的なことが書いてあったので)

 

たまにコンビニとかで立ち読みしている程度なので実はストーリーを完全には把握してないんですが、ざっくりした認識だと、空手の熟練者の主人公が野球部に入部して甲子園を目指す、といった感じでしょうか。

ストーリーも結構面白いので素直に1巻から買っても良かったのですが、身体心理という理屈の方が欲しかったので単発で購入。

 

「身体定理」とは?

DSC_3400このマンガの中で言う「身体定理」とは、

「その人が最も動きやすい体勢、姿勢」

ということのようです。

で、第4巻で出てくる大前提は

「重心の位置」

だけ。

重心を「前側か後ろ側か」、「内側か外側か」だけで、4種類に分類します。

その4種類それぞれに「型」があって、それに準じた動きをすれば自然に最大限の力を出せる、ということです。

 

実際に重心の位置を意識して動いてみる

ぼくは「前側重心」「利き指:人差し指」でした。

この本の中では「A1」に分類されます。

中ほどに詳説があるのですが、野球の投球を前提にした記述しかないので、野球が苦手な自分としてはいかんせん理解に難く…

とりあえず、過去の色々なスポーツの経験を活かして重心の位置だけを意識してみました。

今までかかとに行ったり外に行ったり、土踏まずに重心があった方がいいんだっけ?とか色々試行錯誤してた時期もありましたが、とにかく

「足の親指に重心を置く」

それだけを意識してみました。

 

すると、それだけで非常に歩きやすくなりました。

ただ、歩きやすくなったといってもまだ「何となく」のレベル。

驚いたのは次の日からでした。

 

重心の位置を変えただけで、膝が痛くなくなった

昔、フットサルやってる最中に左膝を痛めて以来古傷化して、長時間走ることができない足になっています。

整体とか行って徐々に良くなってきて今ではフットサルの2時間くらいなら持つようになってきましたが、やっぱり膝サポーターが無いと終盤の方はきつくなってきます。

このマンガを読んだ次の日にフットサルがあったのですが、この日膝サポーターを忘れてきてしまいました。

しかも11人しか集まっておらず、休む時間がほとんどない。

「さすがにやばいかなぁ」

と思ってたのですが、先ほどの「親指重心」を常に意識して走っていたら、ほとんど痛みが出ませんでした。

帰りの階段で少し「ぴきっ」って来たくらいで、あとは普通。

いつもの3倍は走ったのに、その程度。

何気にビックリでした。

 

さらに体全体に影響

こりゃすごい!と思いましたが、まだ本に書いてある詳説がまだ理解できていない。

これを理解できればさらに良くなるかな?と自分の体での実験開始です。

無理やり解釈したのは、以下の2つ。

  • A1は、伸び上がるように動かして強い出力を生む。
  • A1は、右から左へ(左から右へ)力を流す。

これを歩き方に反映させると、

右足親指で地面を蹴り、左肩の方向に力を送る

ということになるんだと思います。

実際にやってみたら、色々効果が出てきました。

背筋がピンとしてきた

伸び上がるように歩くので、自然に胸を張った形になります。

そして、重心含め強制的に「自然な型」に体を当てはめた結果、「悪い姿勢」が、少なくとも立っているときには取りづらくなった感じがします。

肩甲骨(背中)が痛くなってきた

一言で言えば、筋肉痛です。

今まで姿勢とかが悪くて凝り固まってた関節が動くようになって、肩甲骨の可動域も上がった感じです。

その結果、動いていなかった筋肉が毎日動かさせるようになって、筋肉痛状態になっているようです(と思っていますw)。

今この文章を書いているのは、はじめてから1週間くらいなのですが、肩甲骨付近以外にも左首だったりもっと下の方だったり痛い個所があっちこっちに飛びまくってます。

長年ため込んだものが早々抜けようもないでしょうけど痛みに変化が出てるのはいい傾向。

あと3ヶ月くらいは様子見ですね。

右腕の痛みが和らいできた

ここ最近の一番の悩みだった右腕の痛み(おそらくパソコン、マウスの使い過ぎ)が和らいできました。

おそらく、首の姿勢が良くなったお蔭で右腕に流れる筋への負担が減ったんではないかと推測。

歩くペースが格段に早くなった

「伸び上がるように歩く」というのを実践してると、自然と歩くスピードが上がってました。

これで基礎代謝も上がるんではないかと期待w

 

親にも試してみた

大体A1を自分に当てはめた動きは1週間で出来てきたので、次は他人に試してみることに。

まず、うちの母親がどのタイプかチェック。

座り方で前重心か後ろ重心か簡単に分かるんですが、しゃがんでもらった瞬間に「いたたたた…」という感じ

(日本舞踊の師範やってるんだから、それじゃぁ都合悪いでしょうに…)

色々試して、結果A2(前:薬指)ということが分かりました。

自分がA2じゃないので、最初は分からず、また第4巻を繰り返し読んでみる。

なんとなく理解したのを実際に試してみました。

以下、そのやり取りです。

(自分)ちょっと立ってみて。重心どこにある?
(母)・・・かかと。
(自分)じゃぁ、薬指の付け根辺りに重心持ってきて、地面をつかむようにして
(母)した。
(自分)そこから膝裏に軸を通して、その上に背骨載せて
(母)した。
(自分)そのまま座ってみて?
(母)!!!!!!!痛くなくて座れた!

日舞師範ということもあって、簡単な言葉で伝わるので楽でした。

自分が実際に膝の痛みが軽減されたのできっと効果あるだろう、という期待優先だったのですが、まさかここまで効果あるとは思いもよりませんでした。

当の本人も「違和感はもちろんあるけどほとんど痛くなかった!」とご満悦でしたが、こっちもビックリですw

 

今日はボルダリング

最近月1~2回くらいのペースでやっているボルダリングが今日あります。

A1は、前出の「前:内重心」に加えて、「指先で引っかけた方が力が入りやすい」タイプとのこと。

今までも自然とそうしてた気がしますが、今日はそれを意識してやってみようと思います。

GLAND SLAM 第4巻

 

 

コメント

  1. かとちゃん より:

    「身体定理」というやつを読みたくて GRAND SLAM 第4巻(身体の天才)を買ってしまった http://t.co/YUaVeKtiRM