FTPサービスの起動

VPSサーバーでは、標準でFTPサーバーが起動していないことも多いようです。 今回借りているサーバーも例にもれずFTPが起動していなかったので、個別に起動させます。 まず、rpmでどのFTPサービスがインストールしているか確認します。

※2010/12/16:vsftpd.confのあたりを少し更新しました。

$ rpm -aq | grep ftp
vsftpd-2.0.5-16.el5_5.1
lftp-3.7.11-4.el5
ftp-0.17-35.el5

いろいろ調べてみると ProFTP よりも vsftpd の方が良いようなので、インストールされているこれをそのまま使いましょう。 簡単に立ち上げるなら、設定変更は以下の1点。 一般ユーザーは、rootディレクトリが見えないようにしましょう。 まず、 /etc/vsftpd/vsftpd.conf を編集

# You may specify an explicit list of local users to chroot() to their home
# directory. If chroot_local_user is YES, then this list becomes a list of
# users to NOT chroot().
chroot_list_enable=YES
chroot_local_user=YES
# (default follows)
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list

続いて、 /etc/vsftpd/chroot_list を作成します。
これでサービスを起動すれば、FTPが利用可能になります。。

# touch /etc/vsftpd/chroot_list
# service vsftpd start
vsftpd 用の vsftpd を起動中:                               [  OK  ]

最後に、再起動後も必ずFTPサービスが起動されるように設定して、完了です。

# chkconfig --list vsftpd
vsftpd     0: off   1: off   2: off   3: off   4: off   5: off   6: off
# chkconfig vsftpd on
# chkconfig --list vsftpd
vsftpd     0: off   1: off   2: on    3: on    4: on    5: on    6: off

参考にしたサイト